ヤマザキナビスコ「100キロカロリーシリーズ」 


「モラタメ」という、新商品をタダでもらえ、ブログで紹介又はコメントする、もしくは定価より安く買え同じくブログで紹介又はコメントするとポイントがもらえる、というどちらも当選したらですが、そういうサイトがあります。

パソコンから申込みができるのでよく利用しているのですが、今回、ヤマザキナビスコの「100キロカロリーシリーズ」が3パック送られてきました。

クリスピーな食感のビスケットが、すべての種類が1袋で100キロカロリー、そして60円(税別)。

一枚一枚は本当に薄くて食べやすく、でも味はしっかりしているので、ダイエット中に、外で小腹がすいたときにはコンビニでこれを買えばカロリーコントロールも出来るってものです。

私自身も、ちょっとだけお菓子が食べたい時にコンビニでよくこういった小袋系のお菓子を購入していますが、買うたびに、カロリーは高いよね〜でもちょっとだけだし、まあいいか、とか思ったものです。

「100キロカロリーシリーズ」をコンビニで見つけたら、これ買うと思います。

ココア、ソルト、チョコチップとあったのですが、どれもパリパリでおいしかったです。

私は、シンプルなのが好きなので、塩味の「リッツトーステッドチップス」が一番好きな味です。

ものすごく薄く、60円なんで自然そうなるのでしょうが、なにしろ歯ごたえが良いので、しかも薄いのはそれだけカロリーが少ないってことですから、食べててもストレス感じません。

これだけおいしくてカリッカリで100キロカロリーはありがたいです。

そしてダイエット中に、チョコが食べたい!というときに、いいなと思うのがチョコチップ入りの「チップスアイダホクリスプ」です。

黒ゴマかとみまごうような、ちいさいチョコチップが入っているのですが、このビスケットが一番歯ごたえがあり、しかもチョコもちゃんと味わえるのでダイエット中にはもってこいです。

小腹もちょっと満たせそうです。厚さがあり固いので食べ応えがあって60円とは思えません、しかも100キロカロリーだしるんるん

ココア味の「オレオクリスプ」は、食べるとふわっと口の中でなくなってしまうので、ガリガリポリポリしなくてよく、仕事中に軽くつまむにはいいと思います。

これらはすべて100キロカロリーで、しかも60円なのですから、びっくりです。



豆乳おからクッキーについて


豆乳おからクッキーについて

ダイエットスイーツといえば「おからクッキー」といっても良いのではないでしょうか。

ダイエットは運動でやるものだ、と思い込んでいた時期も、このおからクッキーを見かけた時は、これで痩せられるならどんなにいいか…と思ったものです。

楽天で扱っている、ビードットラボの「豆乳おからクッキー」は、「豆乳」が入ってるだけでもしっとりしてそうなのに、さらに、“アーモンドプードル”も入っているとの事。

「アーモンドプードル」って、アーモンドを粉状にしたものですが、昔、フィナンシェ、というマドレーヌに似た焼き菓子に使用するため購入しましたが、とっても風味豊か。

この時は失敗(笑)したのですが、失敗したフィナンシェを食べてみてもすごくおいしい。

これが入っているなら、まずいい香りします。

それに、アーモンドには不飽和脂肪酸のオレイン酸が含まれていて、これは悪玉コレステロールを酸化しにくくさせる働きがあり、しかもミネラルが豊富で、抗酸化力にすぐれているビタミンEなども含まれているので、風味があるのに、こんなに健康によい食べ物なんですね。

パティシエさんが作っているとの事ですが、ほんとに、これはダイエット食のような、まずそーな、でも栄養は考えてあるから、ダイエットするならぜひ!みたいなのじゃなく、スイーツです。

これなら我慢とか必要ないかも…

おからが入っているので、水分をとれば膨らみます。

水分をたっぷりとりながら、6〜10枚をゆっくりたべるのが良いそうです。

レビューによれば、牛乳やお茶などが合うそうで、おやつの代わりに食べたり、小さいお子さんとも一緒に食べてもOKな感じです。

ヘタにそこらへんのスーパーや、自然食品売り場で買うより、ずっとお買い得で、おいしくて体によいかもしれませんね…卵もはいってないので、卵アレルギーのお子さんにもいいと思います。

種類も豊富で、まず定番のプレーン、そして紅茶、ココア、レーズン(好きです)に黒ゴマ、アーモンド、抹茶、パンプキン、と続いて新しくマカダミア、ストロベリーが加わったそうです。

どれたべよーか…と選びながら食べてるうちに、お腹一杯になりそう。

ちなみに、1枚たったの約28kcal。

1食分を、豆乳おからクッキー、6〜10枚に置き換えるのがよいらしいです。

すぐに効果が欲しければ、1食分を置き換えるか、ゆっくり進めたければ週末だけ置き換えて、平日は間食を豆乳おからクッキーにするか、など、ライフスタイルに合わせて、「食べるダイエット」をしてみてください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。