サイドステッパーについて


サイドステッパーについて。

ダイエットは運動で、という風に思っている私は、2人目が生まれたあたりで、サイドステッパーを購入しました。

ホームセンターで5000円で購入した物で、油圧式とかそんないいやつじゃありません。

で、それを後生大事に持っていて、いつかこれで計画的にステップ踏めば絶対なんとかなるはず、という思いを持ちつつ… 

これで、サイドステッパーの効果として痩せたという感じはないのですが、ちょっと前までは、サイドステッパーをすればお腹が少しへっ込む、という実感はありました。

が、最近それもなくなったので、あせってきたわけです(笑)。

でもその他のうれしい効果として、血流がよくなるのか、月のものの前に3日ほど続けて、1日3分ぐらいやっておくと、いつもよりだいぶ楽、というのはありました。

そして、今は「腕組みダイエット」と併用してます。

サイドステッパーを使うにしても、使用の際には、鍛えようと思う部位に意識を集中することが大事です。

いくら「テレビを見ながらでも大丈夫!」などとうたわれている商品でも、意識をするのとしないのとでは効果がまったく違います。

そして、サイドステッパーの効果として、インナーマッスルを鍛えるというものがあります。

体の中の方の筋肉ですが、ここが引き締まると、体の姿勢が正され怪我をしにくくなるので、インナーマッスルを鍛えるのは有酸素運動、ゆるやかな運動が必要ですから、お年寄りには向いている運動になります。

高齢の方でなくても、やはり体がゆがんでいると、ダイエットにもよくないですから、サイドステッパーでなんとか、効果を出していきたいかと思います。

今のところは、太ももの裏を意識して鍛えているので、ヒップが多少、上がってきているような気がしないでもない…

こんなのもあります

腕組みダイエットについて


「オグラ式腕組みダイエット」を最近やっています。

足を揃えて、後ろで自然に腕を組んだあと、その手を逆に組み、その基本姿勢から、はげしい動きではない体操をしていくものです。

ちょこっとしか動かないのに、特に腹筋がよく鍛えられます。

小倉さんというイケメンさんがされてるのですが、コツとしては

○体重は計らない
○全身のうつる鏡をよく見る
○肉を食べる(基礎代謝を上げるための筋肉を作るため)

の3点がコツとしてあげられてました。

他にノルマは作らないなどがありました。

耳鼻科の雑誌を読んだ時の情報ですので、ちょっとうろ覚えですが。

でも、本気でダイエットをしようと思ってたので、よくよく読みましたよ。

テレビでも最近お見かけしましたが、バストアップの体操もあったのですが、そこは見逃してしまい、一部しか見られませんでした。

ですが、この体操を始めてから、劇的にサイズダウンしました。

70cm以上あったウエストが一時66cmまでいきましたし、いまでは立って歩く時は、ほぼお腹は平らといってもよいのではないでしょうか。

少ない動きで、しっかりお腹や二の腕、ヒップ、ふともも、そして、ここだけは自信のあった足首までサイズダウンしました。

足首はこれ以上はいかないでしょう、と思っていた部位なので、以前書きましたが高校生のころ、ひざ下のみのダイエットは成功して、ずっと維持できたきたと思っていたところなので、これにはびっくりしました。

そして、今では取りつかれたように毎日腕組みダイエットをしては、サイズを測り、そして鏡を見ています。

体重を計ってはいけないのは、腕組みダイエットというのは、見た目を良くしていくもので、顔に合わせたメイクや髪型を考えるのと一緒で、自分が一番よく見えるスタイルに近づけるための体操なので、体重に左右されては挫折感をよんでしまうからだそうです。

同じく鏡をよく見るのは、スタイルを眺めて、どこを変えたいか、自分の体型をよく知ることなんだと思います。

でも、サイズダウンしていくと、鏡でみてホントに変化した、と実感できるので、言われなくても鏡もよく見ます。

二の腕を集中して鍛えた時は、鏡で見ると二の腕にいままで見たことのない影が。

腕、痩せてきたんだなあと思えてとてもうれしかったですね。

腕組みダイエットは、ダイエット=運動と思っている私には、とっても向いているようです。

もちろん、食事の方でもいろいろ工夫していこうかとは思っています。

今後が楽しみです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。